2010年01月21日

青年の会 決起集会!

ミドリマンです!今週末は青年部の事務局会議。来週末は青年部の代表者会議と、会議会議ですが、全国の元気な青年に会えるのを楽しみにしているミドリマンです!

さてさて、今日の報告は『青年の会 決起集会』についてです!

この青年の会と言うのは、京都で今年の春行われる府知事選に立候補を表明された『門 祐輔氏』を青年もみんなで会を作って応援しよう!!と言う取り組み!


総勢80名の青年が京都府全域から集まり、なんとその内福祉保育労京都地本青年部は11名もの参加!!手(チョキ)スバラシイ!!

しかも もっと素晴らしいことに、当日の朝『どうせ青年が一同に集まるなら、保育署名をそこで集めましょう!』と当日参加予定の青年組合員さんからメールが回り、急遽署名活動を行いました!


当日の呼びかけにもかかわらず、都合を付けて6名も集まってくれ足女子駅伝の日+会場前がコースだった事もあり、路上で応援している人達にも声をかけ、一筆一筆大切に集めていきました!


青年の会参加者にも会場で署名をお願いし、青年部で134筆もの署名を集める事が出来ました!!


青年の会では、第1部で府政を学び、今の府政を門さんはどのように変えようと(良くしようと)考えているのかを聞き、第2部では、府知事選候補者の門さんがもともとお医者さんだった事もあり、『門クリニック』と題し、各参加団体の代表が自分達の実情・苦悩を出し、門さんに診てもらいました。

 福祉保育労からは3人の保育士さんが診察を受け

SN3J0278.JPG『現在の保育制度だと、保育園は12時間開所で、年長組みなら子ども30人に対して大人は1人しか補助がない。それで初任給は月に手取りが13万円ぐらい。心身共にクタクタ・・・。子どもの安全を保障する事もままならない。又、全国の保育士の平均勤務年数は7年。』 

『非正規職員は来年度自分が職場に残れるかどうか判らす、不安な気持ちを抱えながら仕事をしている。正規になりたくても正規になれない青年が多い!』

『働きたくても保育園に入れず仕事ができなかったり、兄弟で違う保育園に通っている世帯も多い。保護者は非常に困っているが、その対策として保育園の定員の弾力化を行ってしまうと、更に現場は困窮し、保育の室が下がってしまう。』

等 切実な訴えをしました。

門さんからは“処方箋”として

・正規職員が当たり前!
・公立(の保育園)と同じ事をしているのだから同一労働同一賃金!
・保育所を増やす!

と力強く言ってもらいました!!


青年が動けば未来が変わる!!


裏を返せば


青年が動かなければ未来は変わらない!


ぜひ変えて見せようじゃありませんか!!!


こつこつと世論を動かし、住みやすい優しい日本にしていきましょう!
posted by てくてく。 at 16:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都のとりくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミドリマン、そして京都のみなさん、期待してますよ。「チェンジ」してほしいです。西から変わり、来年は東京をチェンジしたいなと。門ゆうすけさんのホームページと最近こまめに更新されている京都地本のホームページ、チェックしますね。
外側も内側もチェンジ!で。
若い世代は投票率が低い分、行ったことない人、逆サイドに入れてた人、4年前に権利を持ってなかった人が行けば影響が大きいわけだしね。
左京支部のホームページといい、発信力に注目してます。
Posted by Tamy at 2010年01月21日 20:14
門さんの力強い処方箋に、青年と府政の距離がぐんと縮まった感じがしました!!

まずは青年から、府知事選のこと、門さんのことを知らせていきましょう(*^_^*)

人が集まるところには、署名を…!!!

たくさん集められてよかった♪♪
Posted by えみちん at 2010年01月23日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。