2010年11月22日

いのちを守るために、3つの映像のご紹介

Tamyです。

厚生労働省提唱の、児童虐待防止推進月間もあと10日間をきり。

↓こちらもご覧ください

オレンジリボン運動 ‐児童虐待防止‐
http://www.orangeribbon.jp/

さて、先日こちらで紹介させていただきましたが、
11月の第1週から第3週まで「週刊少年サンデー」で、児童虐待問題に焦点をあて、児童相談所の新米児童福祉司を主人公にした「ちいさいひと」が連載されました。

反響が多く寄せられたそうで、年明けにも第2弾が組まれることが決まったとか。

響きあい、届いた声で動き出し。

ここで、虐待やいのちをめぐる3つの紹介です。
関心と条件のある方は、ぜひ。

***
2010年11月22日(月)午後8時〜8時29分
 再放送:11月29日(月)午後0時〜0時29分
NHK教育「福祉ネットワーク 消えた子ども −大阪・二児虐待死事件を追う−」
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/1011/101122.html
いま、日本では高齢者だけでなく、子どもたちも「消えて」いる。
ことしの厚労省の調査では、児童相談所が虐待指導中に行方不明になった子どもは19人。
さらに、文科省のデータでは、1年以上住居不明の子どもは、338名いることが明らかになった。7月に起きた大阪の「二児虐待死事件」も、亡くなった2人の子どもは、所在不明の「消えた子ども」だった。子どもたちの住民票が居住地になかったため、児童相談所は通報を受けていたにもかかわらず、接触することもできないまま、結果的に幼い命を守ることができなかった。さらに、親子が今年12月まで住んでいた名古屋市でも、虐待のリスクが考えられるという通告を受け、児童相談所が接触したものの、親子の所在がわからないために調査を打ち切っていた。
「消えた子ども」の命を守るためには何が必要なのか、大阪の事件を通して浮かび上がった行政システムの課題と、今後の方策を探る。
***
***
NNN'ドキュメント10(日本テレビ系列)
http://www.ntv.co.jp/document/
「そばにいるのは誰ですか?虐待を防ぐ二つの記憶」
放送 : 11月28日(日)25:00〜(30分枠)
ナレーター : 壇 ふみ
制作 : 福岡放送
再放送 : 12月5日(日)11:00〜BS日テレ
   12月5日(日)18:30〜CS「日テレNEWS24」
赤ちゃんとの肌の触れ合いで良好な親子関係を築く「タッチケア」の提唱者で、“愛された記憶”の重要性を問いかける福岡県久留米市の吉永陽一郎医師。「君のことを思っている人がいる」、「あなたのことを歓迎している人がいる」というメッセージを、子どもたちに伝える育児支援のひとつだ。一方、お産の場面を通じて、「命の誕生の奇跡」「生きていることのすばらしさ」を訴える福岡県柳川市の寺田恵子助産師。寺田さんは、小中学校で保護者と子どもたちにお産の劇を見せながら「命の誕生」を再現する。一向になくならない子どもたちへの虐待事件。【誕生の記憶】【愛された記憶】をたどりながら、虐待を防ぐための方策として「親子の絆」の再生に取り組む医師と助産師の活動を紹介する。
***
***
映画「うまれる」
http://www.umareru.jp/
劇場公開中!
***


posted by てくてく。 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。