2011年04月16日

4月18日午後8時NHK福祉ネットワーク「親子の絆を支える」

ども、Tamyです。

認可された夜間保育所は全国に55箇所のみ、四国には1箇所しかないそうです。

三十何年も前ですが、私自身、無認可の夜間託児所に預けられていたこともあります。

4月18日に放送されるNHK福祉ネットワークでは、「夜遅くまで働く親とその子どもの絆を支える現場を見つめる」とのこと。

注目したいなと思っています。


***
NHK福祉ネットワーク
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/info/1104/110418.html
2011年4月18日(月) 午後8:00〜8:29
再放送 :4月25日(月) 午後0:00〜0:29

「親子の絆を支える ‐香川 高松第二保育園‐」

 高松市のネオン街に、深夜まで明かりがともる保育所がある。「高松第二保育園」。夜遅くまで夫婦共働きとなる家庭などが増える中、深夜2時まで延長している、全国でも数少ない「夜間保育所」だ。
 園長・岡村陽子(おかむらようこ)さん(76歳)の保育方針は、「子どもを家庭的な雰囲気の中で過ごさせること」。保育士が、遊びだけでなく、夕食や風呂など一般家庭さながらの世話を行う。保育所全体に家庭的な雰囲気をもたらすことで、親子で過ごす時間が少ない子どもたちの寂しさを取り除き、子どもの心を安定させることがその目的だ。一方で、岡村さんたち保育士たちは、親の悩みを受け入れ、相談に乗り続けることにも心を砕いている。
 番組では、夜間保育所にカメラを置き、夜遅くまで働く親とその子どもの絆を支える現場を見つめる。
***


posted by てくてく。 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。