2011年04月30日

5月1日、メーデー

ども、Tamyです。

いよいよ5月1日、メーデーを迎えます。

工業化にともなって異常な長時間労働と賃金カットの搾取がすすむなか、125年前・1886年にアメリカ・シカゴの労働者が8時間労働制の要求を掲げ、統一ストライキを打ったのが起源とされています。

その後国際的なよびかけが広がるなかで、メーデーとして定着していきました。

今年は「被災地支援」「貧困と格差の解消」「賃上げと雇用確保」などが掲げられています。

一部には自粛するという労働組合もあるようですが、全労連系のメーデーとしては今だからこそ声をあげようという立場です。

8時間労働への短縮を求めるスローガンは、8時間は仕事のために、8時間は休息のために、8時間は好きなことのためにというものでした。

メーデーや労働組合の意義をあらためて確認しましょう。

厳しい時代だからこそ、一人じゃなく、力合わせて、職場や職種、地域をこえて、絆を大事に団結していきたいですね。

今年の5月1日は、全国的に強風や雨に悩まされそうですが、負けずに前へ。

「私の要求」「いま、ひとこと」「メーデー感想」など、コメント欄にぜひ。

【ご参考】
第82回中央メーデー 映像配信のページはこちら
http://www.zenroren.gr.jp/jp/mayday2011/index.html


posted by てくてく。 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 各地のとりくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。