2011年07月15日

保育所面積の国の最低基準を緩和する動きに声を送ろう

ども、Tamyです。

福祉保育労の中央本部や東海地方本部、東京地方本部のウェブサイトでも同様のお知らせがされていますが、

7月15日、厚生労働省は時限的な措置としながらも、認可保育所の面積の国基準(最低基準)を、35市区に限って緩和(自治体の判断で切り下げOK)する方針を打ち出しました。

同日から8月13日まで、国民にその施策案についての意見を集めるパブリックコメント(意見公募手続き)を実施しています。

毎日新聞も記事中で、この基準が救貧対策として設けられて以降、抜本的には改善されてこなかったことなどを指摘しています。

憲法25条では、国民一人ひとりに健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を保障し、国はその社会福祉の増進に努めなければならないとあります。

また、憲法13条では、国民はすべて幸福追求に対する権利があり、立法や国政の上で最大の尊重を必要とするとされています。

子どものいのちと権利を守る立場から、現場の意見を送りましょう。

***
35市区での緩和容認=保育所の面積基準−厚労省(2011/7/15時事通信)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011071500620
 厚生労働省は15日、保育所の待機児童問題への対応策として、来年4月から3年間、一部自治体が独自に認可保育所の面積基準を設定することを認める方針を固めた。4月末の地域主権3法の成立による国の規制見直しの一環で、来年度は東京都中央区や横浜市など都市部35市区が対象となる。
 適用の要件は、▽市区町村の待機児童数が100人以上▽住宅地の公示価格の平均額が三大都市圏を上回る−の2点。面積基準を自治体の判断で引き下げられれば、より多くの乳幼児を受け入れることが可能となる。
 保育室面積は現在、国が全国一律で、0〜1歳のほふく(はいはいなど)をしない乳幼児が1人当たり1.65平方メートル、ほふくする乳幼児が同3.3平方メートルなどと、最低基準を定めている。全国知事会は国に対し、基準の緩和や権限移譲を求めていた。(2011/07/15-16:38)
***
***

◇待機児童対策:保育所、面積基準緩和へ 来春から2年間、都市部35市区で
(2011/7/15毎日新聞東京本社版)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110715ddm001010052000c.html
 厚生労働省は、保育所待機児童問題の解消策として、12年4月から2年間、用地確保が難しい東京都など都市部(12年度は35市区)に限り、認可保育所の面積基準を独自に設定できるようにする方針を決めた。同省は「サービスの質確保」を理由に全国一律の基準を維持してきたが、認可保育所の待機児童数は2万6275人(10年4月1日現在)と3年連続で増加。地方の要望も強く、税と社会保障一体改革で保育サービス量の確保を見込む14年度までの特例とし、基準緩和に踏み切る。

 保育施設の1人当たりの最低基準面積は国が一律に定め、0〜1歳児は1・65平方メートル(はいはいを始めたら原則3・3平方メートル)、2歳児以上は同1・98平方メートルとしている。00年代に入り、保育所の定員は年間2万5000人のペースで増えている。しかし、需要に追いつかず、全国知事会は面積基準の緩和を求めていた。

 今回厚労省は、(1)待機児童が100人超(2)住宅地の公示価格の平均額が3大都市圏の平均額を上回る−−自治体に限り、独自の基準設定を認める。12年度時点で条件を満たすのは、東京都世田谷区や横浜市、大阪市など7都府県の20市15区。

 ただ、基準緩和は「詰め込み保育」となり、保育士の目が子供に届かない事態ともなりかねない。現行の最低基準は終戦直後の1948年、救貧対策として策定されたまま一度も強化されていない。

 保育所の面積などは4月に成立した地域主権改革一括法で、自治体が条例で定めることになったものの、厚労省令で示す基準には従う必要がある。東京都は今年3月、「0〜1歳児1人当たり3・3平方メートル」の最低基準を年度途中に限って2・5平方メートルまで緩和する方針をまとめ、対象に指定される世田谷区など9市15区は自治体の判断で新基準を適用する。【山崎友記子】

==============

 ■認可保育所の面積基準緩和の対象自治体■

 <東京都>中央区、港区、文京区、墨田区、江東区、大田区、世田谷区、中野区、豊島区、北区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区、立川市、三鷹市、府中市、調布市、小平市、東村山市、東久留米市、多摩市、西東京市

 <神奈川県>横浜市、川崎市、藤沢市、茅ケ崎市、大和市

 <埼玉県>さいたま市、川口市

 <千葉県>市川市

 <京都府>京都市

 <大阪府>大阪市

 <兵庫県>西宮市
***

パブリックコメント(意見公募手続き)の意見の送り先などはこちら
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495110160&Mode=0


posted by てくてく。 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。