2011年09月15日

NHKスペシャルが「生活保護」を特集

ども、Tamyです。番組情報で。

いま、生活保護制度をめぐって、

そのものを見直し、医療費負担の導入や給付期限の設定などを求める動きがあります。

震災をめぐっても、すでに行われてきた一部の被災者の生活保護の打ち切りや、この秋に急増するともいわれている被災した失業者などへの対応も大きな課題です。

そんななか、9月16日、NHKスペシャルが「生活保護」を取り上げます。

貧困ビジネスの実態も含め、どのような内容になるか、注目です。

***番組ホームページから***

2011年9月16日(金) 午後10時00分〜10時49分
総合テレビ
NHKスペシャル 生活保護 3兆円の衝撃
http://www.nhk.or.jp/special/onair/110916.html

凄まじい勢いで増え続ける生活保護受給者。今年4月末の受給者は、全国で202万人を突破。世帯数で見ると146万世帯を超え、終戦直後の混乱期を上回り過去最多となった。給付額は3兆4千億円に達しようとしている。急増の背景には、リーマンショックを受け、2010年春に厚生労働省が65歳以下の現役世代への生活保護支給を認めるよう全国の自治体に促したことがある。

全国一受給者が多い大阪市では、市民の18人に1人が生活保護を受け、今年度計上された生活保護費は2916億円、一般会計の17%近くを占めている。危機感を抱く大阪市は「生活保護行政特別調査プロジェクトチーム」を設置、徹底的な不正受給防止にあたると共に、受給者の就労支援に乗り出している。しかし巨額の生活保護マネーに群がる貧困ビジネスは悪質化、肥大化し、摘発は進まない。また、就労意欲の低い受給者に職業訓練や就職活動を促す有効な手立てがない中で、不況下の再就職は困難を極めている。

東日本大震災の影響で今後受給者が更に増えるとも言われる中、今年5月から、国と地方による生活保護制度の「見直し」に向けた協議が始まっている。番組では非常事態に陥った大阪の生活保護をめぐる現場に密着。「働くことができる人は働く」という日本社会の根幹が日に日に毀損されていく状況をどうすれば止められるのか、そのヒントを探る。

【再放送】9月22日(木) 午前0時15分〜1時04分 総合 (21日深夜)

***


posted by てくてく。 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。