2011年10月04日

児童養護施設職員の仕事って?

ども、Tamyです。

NHKのEテレ(教育テレビ)「あしたをつかめ 平成若者仕事図鑑」
http://www.nhk.or.jp/shigoto/

「社会へ出ることを考え始めた10代〜20代の方々に、様々なジャンルの職業を紹介し、その特徴や魅力について考えてもらう仕事ガイダンス番組」

毎週木曜日よる7:25〜7:50の放送で
再放送 翌週木曜日午前0:25〜0:50

10月6日(木)の放送では、

児童養護施設職員を取り上げるそうです。

どんな内容かは番組ホームページ以上のことはわかりませんが、

注目してみませんか。

仕事の様子、その魅力、必須の資格は何かということも大事ですが、

それらを踏まえたうえで、働く人にとって何が大変で、どんな支えがいま必要になってきているのだろうか、そんな視点も持ち合いたいですね。


児童養護施設では、被虐待児が増え、

職員はそれらの背景も含めて日々向き合っていると思います。

そのもとで、児童虐待死を悼(いた)み、私たちにできることを考えおうと、

11月20日(日)には東京・日比谷公会堂で、9回目の企画が開催されます。


第9回子どもの虐待死を悼み命を讃える市民集会&パレード
子ども虐待防止オレンジリボン運動
〜今、私たちにできること〜
http://www.orangeribbon.jp/info/npo/2011/08/post-224.php
主催:特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワーク

オレンジリボン運動 児童虐待防止
http://www.orangeribbon.jp/
↑著名人などのメッセージも


posted by てくてく。 at 09:30| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オレンジリボンで 検索中です
家庭においての 親子の教育の違いは どれくらいあるのだろうか?親としての知識 親の精神構造 しつけ 教育 過保護
子供が 親の虐待に 気づいたとき 相談所はどれくらい してくれるのだろうか?
修羅 畜生という人が 増えているのだろうか
虐待を受けた子供の精神 社会におよぼす影響虐待児の出会いと人生  政治研究会(名前検討中 児童虐待 オレンジリボンについて語る会
児童相談所の仕事のテレビ 見たかったナァ
仕事研究会(名前検討中
Posted by 村石太マスク at 2011年11月08日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。