2011年10月18日

必要だからあるのか、あるから必要なのか…

こんばんは。

今日は会議のないtomomiumです。

今日は10時には就寝だ!!!!


さて、私は今、地本の機関紙作りに携わっています。
年3回の予定…と、のんびりペースの機関紙部ですが、
震災関連の話題は毎号入れていこうと企画しました。

先日、福島の子どもたちを栃木県で思いっきり遊ばせてあげようという企画が
福保労主催で行われましたが、その報告はまた現地に行かれた方にお願いするとして…

A新聞から電話がかかってきて、
『デジタル版ができたのでモニター登録してほしい。
今なら、アンケートに答えてクオカード差し上げます』

という文句に乗せられて登録してしまいました。

記事を見ていると、今日の『天〇〇語』に目が行きました。

『原発。必要だからあるのか、あるから必要と言われるのか。』

考えさせられた一文でした。

http://digital.asahi.com/articles/TKY201110170708.html?id1=2&id2=cabbbabi

発明王のエジソンが80年前のきょう没したとき、米国に功績を讃(たた)える言葉があふれた。しかし洞察の深いジャーナリストもいて、次のようなコラムが新聞に載ったそうだ▼「現代人が周囲で生じる急激な変化を十分に理解するために必要とする英知は、発明それ自体が進歩する速度に比べると、はるかに遅々とした進歩を示すにすぎない」。宇宙物理学者の池内了(さとる)さんが、かつて「アエラ」の別冊に寄せた一文から孫引きさせてもらった▼科学・技術の進歩に人間がついて行けない時代への予言である。平たく言えば、作ったけれど使いこなすには至らず、むしろ支配されてしまうような状況だろう。原子力から携帯まで、この80年を振り返れば慧眼(けいがん)に脱帽するほかない▼せんだっては、他人の行動や通話を「監視」する携帯のソフトが問題になった。携帯には便利さと表裏で干渉と束縛がついて回る。昨日(きのう)までの黒電話を思えば、電波で結ばれ合った「24時間即応社会」という点だけでも、技術の俊足は恐ろしい▼統計数理研究所が続けてきた調査では、「科学技術の発達につれて人間らしさは減る」と思う人が08年に56%いた。過去最高で、半世紀ほど前の2倍という。原発事故後はもっと増えていよう▼昔は「必要は発明の母」だった。いつしか「発明は必要の母」になったと先の文で池内さんは言う。そこで日本の原発である。必要だからあるのか、あるから必要と言われるのか。どちらが真相かを、発明王の命日に考えてみる。
posted by てくてく。 at 20:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いま、ちょうど新聞週間です(10月15日〜1週間)。

「天○○語」とあったので、穴埋めつながりで、少し興味深いなぁと思ったコラムです。

***
余録:さてクイズを一つ…(2011/10/18毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/opinion/yoroku/news/20111018ddm001070067000c.html
 さてクイズを一つ。「品○方○」−−○を漢字で埋めよという問題だ。「品行方正」が普通の答えだが、むろんボケでうけようという若者は「品川方面」とくる。この手の珍答の不朽の名作は「○肉○食」での「弱肉強食」ならぬ「焼肉定食」だ▲では「○発○中」はどうか。「百発百中」「一発必中」のほか、「開発途中」「今発売中」とボケもいろいろ考えられる。見える部分は同じでも、隠れている部分次第で大違い、今なら「原発霧中」と世相批評もできよう▲さて、伏せ字もない「冷温停止」の4字だ。だがその示す内実は通常の原子炉内での場合と放射性物質の封じ込めが破れた今度の事態とでは大違いである。むろん年内達成を目指すことになった福島第1原発事故の原子炉の冷温停止、工程表のステップ2実現の話だ▲福島第1原発では事故のあった原子炉3基で圧力容器底部の温度が100度未満で安定し、放射性物質の放出も事故直後の800万分の1に減っているという。文字通り五里霧中だった危機を身をていしてここまで安定させた現場技術陣や作業員の努力をたたえたい▲ただ冷温停止といっても壊れた原子炉から漏れる汚染水を浄化して冷却に用いる苦肉の策による安定である。溶融した炉内の燃料が実際どうなっているかも分からない状態が続く。今後とも見かけと思いこみにとらわれては、熟語の穴埋めの見当違いと同じ轍(てつ)を踏む▲まさか言葉を用いれば実態もそうなるという言霊(ことだま)を信じての「冷温停止」ではあるまい。ここは安定を保ちつつ原子炉内の状態を正確につかみ、「原発霧中」からの脱出を堅実に進めてほしい。
***

「原発夢中」だった人たちもいたんだということも。原発がクリーンだとかエコだとか。
Posted by Tamy at 2011年10月19日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。