2011年11月16日

わかげのいたり2011年度第1号

京都地本青年部の機関紙、

「わかげのいたり」が発行されました。

ご覧ください。

わかげのいたり2011年度1号.pdf


第1回の会議は12月半ば。

どんな企画を立てて、

大会大成功のつながりをより太くしていけるのか。



こうご期待!!!


その前に、11月23日は第3回目の「どんといけまつり2011」が開催されます。

これは、
『子どもたちにかかわる制度を、
楽しい企画を通してより多くの人に知ってもらいたい』

という趣旨で2009年から始まりました。


当日は青年部もヨーヨー屋さんを出店します。



そして今年もやります、子どもたちと作るロング海苔巻。
1年目は20m、2年目は40m…

さて、今年は何mの海苔巻ができるんでしょう??


保育制度改悪に対しても、「マケルナ・ドントイケ」で頑張っている京都からでした。
posted by てくてく。 at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 京都のとりくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュース拝見しました。

大会終わっても継続したとりくみをしていて、さすがですね!

大阪も見習いたいです。

ロング海苔巻きの成功、お祈りしていますおやゆびサイン
Posted by t@ni at 2011年11月17日 09:10
わかげのいたり、さっそく印刷してじっくり読ませていただきました。

読みやすく・読みたくなるようなニュースを僕も作れるように見習っていかなければ!!


今年の“どんと”はヨーヨーなんですね!昔のオニギリが懐かしいww

中央本部からM氏も行ってますし、皆で楽しんでくださいねw
当日の様子もまた聞かせてください!!
Posted by ミドリマン at 2011年11月18日 15:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。