2011年11月30日

宮城県石巻市に行ってきました

111129_160818.jpg

(仙台空港付近の沿岸部より、防風林を撮影 2011.11.29)

Osakaのt@niです。

11月28,29日(月、火)と宮城県に大阪の機関紙の取材のため行ってきました。

7月に石巻市にボランティアに行った組合員さんとともに、行きました。
私は初めて被災地に行ったのですが、被害の実態を目にし、言葉を失いました。


111129_113436.jpg


(石巻市の沿岸部 海岸よりおそらく1kmは離れているだろうと思われる場所を撮影 2011.11.29)


3月11日から8ヶ月以上が経ち、瓦礫などの撤去は徐々に進んでいるようですが、
組合員さんが7月に見た光景と比較しても、沿岸部は復旧にはまだまだ程遠いようです。

石巻市内の組合員さんにお話もうかがうことができました。

お話の中から、復興は県や市がはっきりとした計画を打ち出さないため街づくりはほとんど進んでおらず
被災された方々は様々な不安を抱えながらも、生活をされていることが少しだけ分かったように思います。


「支援をしていただいてありがとうございました」
私が全国の組合員さんに伝えてほしいことをお聞きしたことに対する言葉でした。

石巻市のいたるところで
「全国のみなさん、支援をありがとう」
「復興支援、ありがとうございます」
という垂れ幕やメッセージを見ました。

マスコミでは最近、被災地の報道を目にすることが少なくなってきました。
現地の状況もどうなっているのだろう、と心配されている人も多いだろうと思います。

私の実感では、生活支援を含め復旧にはまだまだかかるなぁ、ということでした。

中央本部では、「ふくしろう募金」が引き続き呼びかけられています。
私もできるところから支援していきたいと思いましたし、みなさんにもひきつづきの支援をぜひお願いしたいです。

その支援につなげたいとの思いで、機関紙づくりを早急にすすめないといけないため、
今回は充分報告はできませんが、時間ができればいずれかの機会にアップできればとも思います。

取材にご協力くださった組合員のみなさん、ありがとうございました。


posted by てくてく。 at 11:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえりなさい。
私も7月に石巻に行きましたが、それから4カ月、現地がどうなっているのか、気になっていたところです。

息の長い支援を。

ぜひ、また色々教えて下さいね。
Posted by tomomium at 2011年11月30日 16:47
お疲れ様でした。忙しい中、丁寧な報告ありがとうございます。震災関連報道が極端に減るなか、また寒さも強まっていく中、貴重なレポートとして読ませてもらいました。

今週、義援金を受け取った被災地の組合員のみなさんからの「ありがとう」のお礼の声も掲載した資料が地方組織に送られています。

みなさん、被災者支援を主な目的とする「ふくしろう募金」のご協力、よろしくお願いします。

「福祉のなかま」11月号の「福祉トピックス」にもありますが、今日発売の「週刊少年サンデー」に「ちいさいひと 青葉児童児童相談所物語震災特別編」の3週目が掲載されています。

小宮純一さん(ジャーナリストで『ちいさいなかま』に震災ルポを連載中)が取材し、企画協力し、石巻の児童相談所を舞台に「その時」が描かれ、次回は次週ではなく新年1号で最終回が新年2号に掲載予定とのこと。

こちらもおすすめしたいです。
Posted by Tamy at 2011年11月30日 16:49
ひとつだけ訂正を。

週刊少年サンデーの連載「ちいさいひと 青葉児童相談所物語震災特別編」の次回は、私のコメントのなかの「次週ではなく」というのは間違いでした。

12月7日発売号が新年号で4回目の掲載、14日発売号が新年2号で、最終回となるとのこと。漫画って、もう新年号なんですね。

すみませんでした(+o+)
Posted by Tamy at 2011年12月06日 13:41
今日発売の週刊少年サンデー、「震災特別編」の最終話(5週連載の5回目)が載っています。児童相談所をめぐるその時、子どもたちは、職員は、あの親子は…。

証言と事実をもとにした構成。あまり報道されていない児童福祉の現場の葛藤、頑張りが伝わってきました。そして、その時だけでなくその後も奮闘を続けたという最後のルポも。

福祉現場をめぐる漫画ってあまりないですし、震災をめぐっての特に貴重な企画だと思いました。

コメントを続けてしまい恐縮なのですが、滅多にないことですので紹介を重ねてさせていただきました。

「次のエピソードは2012年春ごろ掲載予定」とのことです。
Posted by Tamy at 2011年12月14日 22:11
本当にたびたび恐縮です。

小宮純一さん、1月21・22日にさいたま市内で開催される福祉保育労関東甲信越ブロック労働学校の22日の午前中に記念講演「被災地を訪ねて」(仮)をしていただくことが確定したとのことです。

反響、さらに広がるといいですね。
Posted by Tamy at 2011年12月16日 13:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。