2007年05月21日

ミニトーク「働くこととは?」の記録

ども、tamyです。

5月17日、福祉保育労東京地本青年部スタッフ会議で、先日の代表者会議で出された大阪の資料の一部をつかってトークを展開しました。働いて2年目から10年目という保育士たちのやりとりです。

***
●みんなが考える「働く」ということとは?
・社会のなかの役割分担だと思っている。建物をつくる人もいれば、警備にあたる人もいる。その一つとして私も働いている。その中で自己実現をしようと保育の仕事をしている。生きがいを感じながら役割を果たしている。

・お金のため、生き抜くため。稼ぐために働いている。

・自分のため、生活をするため。そのなかでやりたいことを深めていく。自己満足なのかもしれないけれど。

・働くことはやらなければならないこと。自立していくために、誰もが通る道・試練だと思う。

・食物連鎖みたいなものだと思う。自分の前の時代に先人・先輩たちがいて、いまある建物も人がつくってきた。その中に私がいて、私も働いている。人間連鎖だといってもいい。

・人間らしく生きていくこと。気持ち的にも生活するだけでなく、趣味等もあって向上していく。どの仕事もそうだと思う。働くなかで、人間的に成長できる。仕事のなかで責任を持たされるということがないと人間は育っていかないと思う。

●働く以前と働いてからの自分の中の変化
・学生のときは家族を中心に誰かを頼っていないと生活できなかった。家族といっしょに住んでいるけれど、いまは一人暮らしもできる。なかまの大事さを感じるようになった。勉強は一人でもできるけれど、働くようになって、教えあうなどのなかで助け合いの大事さを実感した。

・前はこんなに明るくなかった。実は自殺未遂もしたことがあるほど。保育という仕事に出会って園で働いて2、3年でやっと自分を取り戻せるようになった。またその園と違う今の園で働いていまに生かせていると思う。また、園では事務仕事も多いので、パソコンもつかえるようになった。今年は初めて幼児担当でクラスの中にいる障害児とやりとりを重ねるなかで、いまクラスがまとまっている。それができている自分は成長していると思う。過去に一時は屈折したこともあったけれど、戻ってこれた。落ち込んでいた日々の私がいま喜べるようになった。それが変化。

・責任感の重さを感じる。働いて2年、3年ほどたってからその重さに気づいた。1年目は日々に精一杯で感じなかった。この仕事にはこわさもある。自分を高めていかないと子どもにも影響が出る。まだその重さを感じきれてはいない。まだまだこれからだと思う。

・学生の頃よりしっかりしたと思う。体調が悪くても休まない。

・「胃のなかのかわず」だった。保育の仕事をするまでは自尊心の塊だった。今の仕事をいただいて、毎日の一つひとつが得るものばかり。給料は安いかもしれないが、かけがえのないものを感じている。子どもたちの笑顔に励まされ、失敗もしつつ、生の人間と向き合いながら、喜びに気づかせてもらえている。

・心に余裕ができた。子どもと過ごし、保護者と話していくことで、少しずつ余裕ができるようになる。自分の親とけんかしたときも、以前に比べると一呼吸おけるようになった。

・私はまだ一呼吸おけない。。。

●私にとってのちょっとしたぜいたく
・スターバックスで1人でラテを飲んでたたずむ。
・マッサージに行く。少しの距離をタクシーに乗る。
・アーティストのコンサートを3日連続行く。もう6年続けて行っている。
・マッサージやバイキング。

***
 みんなに公開しているブログですが、コメントはレギュラーのみなさんがほとんどですが、ぜひ見てるだけの福祉・保育職場のみなさん、いっしょに考えてみませんか。
 コメントもお待ちしています。


posted by てくてく。 at 15:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 各地のとりくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめて、携帯で書き込みします。
「働くこととは?」「なぜ働くの?」、うちの職場で新人が来たときに、一番はじめに私はします。
知的障害者施設に勤めている私としては、実践に入る前段階として大切だと思います。新人の方々は様々な意見を出してくれます。
障害をお持ちの方の労働と職員の働く意味、決して違うものではないよ、といった話から発達要求、発達保障の話をします。(自分がとりわけ重度の方の日中活動班の責任者のためそのことはこだわっています)

いやー、携帯で打つのは意外と難しいですね。
Posted by まー坊 at 2007年05月21日 21:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。