2010年10月13日

日弁連が保育制度の動向に強い懸念を示し、政策転換を求めて決議

ども、Tamyです。

この秋の運動の柱は、児童、高齢者、障害者など、オール福祉の立場で種別、地域、世代をこえて、大きな危機を迎えている公的保育制度を守り、充実させていくこと。各地でとりくみが広がっています。

そんななか、日弁連が子どもの権利の視点から、保育制度の転換の動きに待ったをかける決議を採択しました。

昨夜の東京の組合の会議でも決議を資料として配布し、紹介したところ、「確信になった」などの声もあがり、大きな反響がありましたので、ここでもお知らせをさせていただきます。ぜひ、まわりのみなさんにも広げていただけないでしょうか。

***〔ここから以下、転載・転送歓迎です〕***

日本のすべての弁護士(約2万9千人)が所属する日弁連(日本弁護士連合会)は10月8日、第53回人権擁護大会を開き、そのなかで「貧困の連鎖を断ち切り、すべての子どもの生きる権利、成長し発達する権利の実現を求める決議」を採択しました。

この決議のなかで、保育の公的責任の放棄の動きに対し、子どもの権利の視点から強く懸念を示し、質の向上、最低基準の堅持・充実を日弁連として求めています。

「市場化に向けて、保育の実施義務を廃し、保育の公的保障の責任を放棄しようとする動きもあり、このような責任放棄は、子どものいのちや健康を脅かすものとして強く懸念される」「現在進めている最小のコストによる保育政策を直ちに転換させ、保育の質を向上させるべく、保育分野での規制緩和政策を転換し、保育施設の最低基準を堅持・充実させなければならない」

などと、検討が具体的にすすめられている直接契約制度の導入や、国基準の緩和・廃止、市場化路線に対し、その転換の必要性を提言しています。

【全文はこちら】
貧困の連鎖を断ち切り、すべての子どもの生きる権利、成長し発達する権利の実現を求める決議
(2010/10/8 日弁連 第53回人権擁護大会)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/hr_res/2010_1.html

日本弁護士連合会
http://www.nichibenren.or.jp/
※日本のすべての弁護士が所属する組織です



posted by てくてく。 at 09:46| Comment(3) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

ブログについての意見をドシドシ!

こんにちは!久々の管理人です。

前回、この『全国福祉保育労青年部』のブログをプチリニューアルした事もあり、全国青年部代表者会議や、事務局会議等の場で、ブログについて意見を聞きました。

今回、その中から

『携帯電話でブログを見ると(モバイル版)、記事を直ぐに見えないので、HPの一番上の方に記事が来るようにしてもらいたい!』


『福祉保育労働組合青年部ではなく、全国福祉保育労働組合青年部の方が良いのではないか?』

という意見がありましたので、見やすく変えてみました!



今後とも、全国の活動・運動・頑張り等が交流出来るよう、みなさんの声も大いに反映しながブログを盛り上げていきたいと考えています!

みなさんの声!お待ちしてます!




(☆ブログへの記事の投稿が分からない方は、この記事をのせて欲しい!という記事を、青年部事務局 or ブログ内のプロフィールにあるメールアドレスへお送り下さい! 時間差は少しあるかもしれませんが、ブログにアップしていきたいと思います!!)

posted by てくてく。 at 10:21| Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

福祉保育労働組合第26回定期全国大会

みなさんお久しぶりです! 9/18-19日は『福祉保育労定期全国大会』でした!ひらめき

全国から代議員・オブザーバーが東京に集まり、熱い議論を行いい、ここでも青年の姿がチラホラ… ん?違うなぁ〜 青年の姿がたくさんぴかぴか(新しい)! 今回は大会を進行する議長にも京都の青年が1人参加!演劇

青年がとても輝いていました!

また、発言の中にも青年の声が多数!手(グー)

栃木の青年(24歳)は『何も知らずに組合に入り、分会から青年担当として支部に押し出された!まったく組合という物を理解しておらず、チンプンカンプンだったが、やるからには力になりたい!と組合について勉強をしてきました!その中で職場の仲間の声をきき、よりよい職場作りをやろうと、分会も盛り上がってきました!今まではただ働いているだけだったが、今はよりよい職場作りを考えながら働いています!青年部準備会の活動を通しボク自身大きく成長させて頂きました。これに満足せず、より良い職場作りのために頑張って行きたいです』

との発言!

生の声でこの発言(一部しか紹介できてないのが残念ですが)を聞き、泣きそうなくらい感動しました!もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)


他にも青年部長・青年部副部長からの発言!支部長に就任した青年の決意表明など、熱い熱い東京で熱い発言が沢山でてきました!晴れ


青年だけではなく、たくさんの先輩方ももちろんいて、なつわか。とは違う雰囲気で色々な人の考え・意見・言葉に触れられ、夕食交流会等でも組合の意義、青年に対する期待!等話しが出来、とても勉強になりました!!ペン

今回の大会は青年が本当に輝き、感動する発言が多かったです!ぴかぴか(新しい)

全組合員の半数以上が青年の福祉保育労!
もっともっと声をあげ、青年が組合を動かす原動力になるよう共に頑張って行きましょう!と、力がヒシヒシとわいてくるような発言が多いすばらしい大会でした!手(グー)




合わせて青年部事務局会議も大会後に行いました。青年部の大会が終わり、新役員での第1回目!自己紹介もしながら、これからの活動のスケジュール・役割分担等を確認し、次回(10/3)の青年部代表者会議の会議内容も話し合いました。




今回の大会を受け、福祉保育労としてのこれからの活動方向と、青年部としての活動方向をリンクさせつつ、青年らしい柔軟で画期的な、パワーに満ちあふれた活動を考えていきたい!!!!

と、火が付いたミドリマンでした!!



参加したみなさん!2日間にわたりお疲れさまでした。喫茶店

posted by てくてく。 at 16:11| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

ご存じですか??

こんにちは! 先日の青年部定期大会で事務局長から事務局次長になったミドリマンです晴れ!!

何とな〜く 「ミドリマンって・・・ だれどんっ(衝撃)???」って人も多くなったかなーと思い、一度正体をわかるようにかもし出してみようかとw

わかるかなモバQ??

と、まぁそんな話しはともかく、今回は結構使える(?)ためになる(?)ホームページを紹介します手(チョキ)


それは『http://fukuho-e.net/fukuho.org/modules/sections/』どーん!


へっへっへw 


やって見たかったんだ、この


「どーん!」


管理人さん!特許取って無いですよねわーい(嬉しい顔)? 違法じゃないですよね?パクって使ってもwパスワード



とまぁ、またまた脱線電車しましたが、これは福祉保育労働組合中央本部のホームページの一部です目ぴかぴか(新しい)!!

なんとこのページ、各新聞社の『福祉』に関わる記事を毎日自動でアップしてくれているのですひらめき!!


福祉で働く私たちの気になる情報や、驚くべき情報が一目でわかるという優れものグッド(上向き矢印)!!しかも、各新聞社によって同じ内容の記事でも、見方、書き方が違うので、色々な角度から見ることが出来ます!!


よかったらパソコンの☆お気に入り☆に追加して見て下さい!


ではでは、明日から9月!夏の思い出は出来ましたか?

8月さんにさよーならをして、秋の準備をしていきましょう!
posted by てくてく。 at 16:51| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

8月6日から9日の戦争と平和関連のNHK放送番組ご紹介

ども、Tamyです。

戦後65回目の夏、国連事務総長がすでに来日し、アメリカ、イギリス、フランスの政府代表も含めて初めて6日の広島市の式典に出席を予定するなど、変化がみえていますね。

この8月、NHKではたくさんの関連番組が放送されます。

あさって、8月6日から9日までに放送されるNHKの関連番組から、いくつかお知らせです。私的に調べた情報の転載です。

関連ホームページもわかる範囲で記載しています。

ぜひ、ご覧くださいね。

***

平成22年 広島平和記念式典
8月6日(金)総合・BS2 午前8:00〜8:35

吉永小百合 被爆65年の広島・長崎
8月6日(金)総合 午後7:30〜8:45
http://www.nhk.or.jp/war-peace/summer/onair01.html#003

NHKスペシャル「封印された原爆報告書」
8月6日(金)総合 午後10:00〜10:50
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100806.html

幻の甲子園〜戦時下の球児たち〜
8月7日(土)総合 午後8:00〜8:45
http://www.nhk.or.jp/war-peace/summer/onair01.html#005

証言記録 市民たちの戦争
「ぼくたちは兵器を作った〜大阪砲兵工廠(しょう)〜」
8月8日(日)総合 午前3:02〜3:27

いのちのうた2010広島
8月8日(日) 午後4:30〜5:45 BS2
8月14日(土)午前2:00〜3:15 総合
http://www.nhk.or.jp/hiroshima/song/10/

NHKスペシャル「証言記録 シベリア抑留」
8月8日(日)総合 午後9:00〜9:50
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100808.html

ヒバクシャからの手紙 〜そして、ヒバクシャへの手紙〜
8月8日(日)総合・ラジオ第1 午後11:30〜午前1:00 (中断ニュースあり)
http://www.nhk.or.jp/hiroshima/tegami/

あの日のことを聞きたかった 「被爆2世 65年目の夏」
8月9日(月)総合 午前10:05〜10:40
8月9日(月)総合 午後10:55〜11:25
http://www.nhk.or.jp/war-peace/summer/onair02.html#012

平成22年 長崎平和祈念式典
8月9日(月)総合・BS2 午前10:40〜11:50

NHK 戦争証言プロジェクト
http://www.nhk.or.jp/shogen/

NHK 戦争証言アーカイブス
http://www.nhk.or.jp/shogenarchives/
***
posted by てくてく。 at 17:00| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

群馬の栄養士不当解雇、勝利的和解!

Tamy@関東甲信越ブロック担当です。

群馬の「きりのこ保育園」の不当解雇に対するたたかい(裁判)は、組合側の主張をほぼ受け入れる勝利和解という形で決着しました手(チョキ)

8月21日・22日に東京で開催される「青年労働組合講座 ‐本気で学ぶなつわか。‐」でも、この争議を支えてきた青年保育士がリレートークのスピーカーの1人として予定されていたところで、勝利した前向きな発言が聞けそうですね。

組合があるって、支えあいがあるって、そして不当なことを許さずにみんなでたたかうって、やっぱりいいなぁと、ウルウル感じます。

職場、地域、世代をこえて裁判をたたかった群馬支部のみなさん、おめでとう&おつかれさまでした。

以下は、報道です。

***
◇栄養士、職場復帰で和解(2010年7月30日 読売新聞群馬版)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20100730-OYT8T00160.htm

「給食に塩ふった」と保育園解雇

 給食の味付けを巡って嫌がらせを受け、解雇されたのは不当だとして、前橋市の女性栄養士(58)が認可保育園「きりのこ保育園」(同市国領町)を運営する社会福祉法人あおぎり会を相手取り、解雇無効と賃金約493万円を求めた訴訟があり、29日、前橋地裁で和解が成立した。原告の主張をほぼ認める内容で、同会は解雇を撤回し、解雇から職場復帰までの約2年半分の給与を支払う。

 訴状によると、2006年にできた職員労働組合の組合員だった女性は園長らから「給食の味が薄い」などと嫌がらせを受け、08年2月、無断で少量の食塩を園長ら職員と自分の給食にふりかけたことを主な理由として解雇された。

 県労働委員会は今年3月、女性の解雇は労働組合員の排除を図った不当労働行為であるとして、同会に対し、職場復帰と賃金支払いなどを命令。6月には中央労働委員会が命令履行を勧告した。同会は不服として再審査を申し立てていた。

 原告側の弁護士は「長期間解雇を争った事件で職場復帰を達成できるのはまれなこと」と述べた。同会は「(すぐには)調理業務には就かせられないという主張を入れた和解案だったことなどから、受諾した。今後も子どもたちと職員を大切にして経営にあたりたい」とした。

***
posted by てくてく。 at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

青年労働組合講座ニュースNO、2

こんにちは!

今月7月も残すところ後数日になってしまいましたねー


夏はあっという間にすぎてしまうのかな?


熱中症で倒れている人も多いので、みなさんも気をつけて下さいね!!


では、題名にあるとおり、ニュースを載せておきます!

今回から1人ずつ講師の方の紹介を行っていきます!

2009年度 青年労働組合講座ニュース 2.pdf
posted by てくてく。 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

新しいブログのお知らせ

ども、Tamyです。

アツサに負けず、ホットな知らせです。

福祉保育労の宮城支部のホープさんが始めたブログです。

できたての、アツアツです。

どーぞ。

福祉保育労宮城支部のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/fukuhomiyagi

お知らせでした。
posted by てくてく。 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

全国青年労働組合講座 ニュースNO、1

今年の夏は、『本気で学ぶ』なつわか。

青年労働組合講座
 です。

開催は8月21〜22日

参加申し込みも少しづつ送られてきています!!



ニュースも作りました!

本気で『まな』ぶ なつ『わか。』 と言うことで、タイトルは

まなわか。


これから少しづつ発行していきますので、お楽しみに!!


こんな記事を乗せてー と言うのがありましたら 中央本部へFAX、または、この記事のコメント欄にお書き下さい!!


2009年度 青年労働組合講座ニュース 1.pdf

↑ ↑ ↑ これがニュースです。



PDFファイルですので、みれない方ももしかしたらいるかな・・・?

周りの人や、青年にどんどん広めて下さい!



以上、ミドリマンでした!



posted by てくてく。 at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

保育士も「環境改善」訴えよう



ミドリマンが今日は休暇なので、私が。

ども、Tamyです。

新聞投書は紙面上でも反響が広がることもあり、
先の「声」に応えて、現場の保育士さんが「声」をあげています。

ご紹介。


***
保育士も「環境改善」訴えよう
(2010/7/6朝日新聞「声」東京本社版)

 ある一日。朝から子どもたちと水遊び。お昼寝中は「連絡ノート」を書き、新卒の保育士たちと、働き始めて3カ月たっての思いや疑問について語り合い、勤務終了後は2人のお母さんとそれぞれ約1時間、子どもと遊ぶことと家事とのかねあい、絵本の選択などについて懇談――。
 乳幼児期は、人間の基礎ができる大切な時期です。私は、子どもが日々めざましく成長し、食べることの楽しさ、言葉を覚えおしゃべりする楽しさ、友だちと遊べる楽しさを覚え、いろいろなことを吸収していく大事なこの時期にかかわる仕事に誇りを持ち、子どもの「命」「成長」を守るという責任を重く受け止めています。
 でも、「保育士の労働環境改善を願う」(6月30日)にもあったように労働条件は決してよくありません。「待機児解消」を掲げての企業参入で一層労働条件が悪くなり、その結果子どもの保育環境も悪くなるのでは、と不安です。保育士が楽しく余裕を持ってかかわっていけば、子どもも笑顔いっぱいになるのだと思います。だから私たち保育士も、もっと声を上げなくてはいけませんね。
***


posted by てくてく。 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

保育士の労働環境改善を願う

こんにちは! 昨日ゲリラ豪雨にみまわれ、自然の猛威って怖いけど、やっぱり自然っておっきいなー とつくづく感じ、大自然を懐かしく思うミドリマンです。



さて、今日は気になる新聞記事紹介します!!

読んだ方もいらっしゃるかも知れませんが・・・。


2010、6、30 朝日新聞「声」

保育士の労働環境改善を願う

 精神科診療所を開いて20年。最近、保育士さんのメンタルヘルスに関する相談が多いと感じています。

 保育所の待機児童の問題などが様々に取り上げられ、働きながら子育てをしている母親への支援の問題が報道される一方、現場で働いている保育士の過重労働などの報道があまりされていないのが気になります。入所児童枠の拡大や保育時間の延長で労働負担が増える一方、児童の記録、書類の整理などは時間外の仕事になり、かなりの長時間労働になっているようです。自宅に仕事を持ち帰る「風呂敷残業」も日常化しています。「早く帰ったらいいよ」と言う上司の言葉が、「早く帰って家でしたらいいよ」という意味だったりするようです。

 自治体によっては歳出削減が人件費に向かい、保育現場でも非正規雇用が増えています。不安定な身分、待遇や給与に不満を抱える非正規職員。仕事のしわよせを警戒する正規職員。互いの思いがすれ違ってチームワークがうまくいかず、職場の人間関係も難しくなりがちです。

 ストレスや疲労の蓄積は、保育現場のトラブルや思わぬミスを引き起こす要因にもなりうるでしょう。保育の質の向上のためにも、保育士の労働環境を良くしようという機運が高まってほしいと願っています。


以上が新聞の記事です。


保育現場に限らず、福祉現場ではどこも同じような事が言えると思います。


子ども達のため、利用者さんたちのため、保護者の方たちのため、自分の体も大切にしたいですね!


posted by てくてく。 at 17:55| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

福岡市での保育制度関連「総決起集会」報告記事



ども、Tamyです。

保育制度をめぐる動きのご紹介を。

6月5日に「新たな保育制度に反対する総決起大会」を1107名の参加(うち保護者369名)で開催した、福岡市保育協会の機関紙『保育ふくおか』を読んで、とても考えさせられました。

その報告記事、写真から熱気が伝わってきます。

また、ユーチューブでの動画配信も1面で紹介されています。

PDFファイルなので、パソコン環境にある方が前提になりますが、
保育関係者必見!ぜひご覧ください。

機関紙『保育ふくおか』
平成22年度1号(2010/6/23) vol.94(PDFファイル)
(編集・発行 福岡市保育協会)
http://www.hoiku.or.jp/association/2010_1_hoikufukuoka.pdf

福岡市保育協会オフィシャルサイト
http://www.hoiku.or.jp/


以下、関連です。

***
◇認可保育制度:「保育の質」アピール 規制緩和に反対、1000人が決起大会
(2010/6/6毎日新聞福岡都市圏版)
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20100606ddlk40100175000c.html

 国が目指す認可保育制度の規制緩和などに反対する保護者や保育士らの総決起大会(市保育協会主催)が5日、中央区であり、約1000人が参加した。「規制緩和で保育の質は後退する」などとする緊急アピールを採択した。【門田陽介】

 協会によると、現在は、国が保育士の人数や園の面積などの最低基準を設定。利用料も公的補助で保護者の負担は抑えられている。しかし、待機児童の解消などを目指す政府は昨年12月、民間事業者の参入を促し、親の勤務実態などに合わせて利用時間を決める−−などとする改革方針を閣議決定した。

 大会で市保育協会の永野繁登理事長は「新制度は福祉の産業化。弱者を排除する市場原理は福祉と相いれない」と批判。大学院に通うため生後9カ月の息子を保育園に預けていたという母親は「新制度が導入されていたら、時間が不定期な私は利用できなかった。使えない人も増えるだろう」と訴えた。終了後、参加者の一部は天神で署名活動をして制度改革阻止を訴えた。
***

【「保育」どこいく 制度改革を考える】
(2010/6/10西日本新聞朝刊)
<2>最低基準 進む緩和、質低下を懸念
http://nishinippon.co.jp/nnp/lifestyle/topics/20100610/20100610_0001.shtml


《動 画》(youtube) 

ユーチューブで「ほいくせいど」で検索しても出てきます。

「ほいくせいど(自己負担編)」   
http://www.youtube.com/watch?v=KwvlAjmVQ08

「ほいくせいど(指定業者編)」
http://www.youtube.com/watch?v=NtgpYq26xlI
 
「ほいくせいど(認定されても…編)」
http://www.youtube.com/watch?v=l2d2fkGibY4


《「新たな保育制度」リーフレット》
(PDFファイルは以下からダウンロードできます)

九州保育三団体は「新たな保育制度」に反対します。(動画ができました)
(福岡市保育協会2010/6/3)
http://www.hoiku.or.jp/general/2010/06/03/post_49.html

九州保育三団体は「新たな保育制度」に反対します。
(マンガ版・・・よく分かる解説その5)
(福岡市保育協会2010/6/25)
http://www.hoiku.or.jp/general/2010/06/25/post_50.html
posted by てくてく。 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

参議院選挙、投票の判断の参考に

ども、Tamyです。
ニッポン代表、快勝!

さて、7月11日はニッポンの代表を決める参議院選挙投票日。

というよりも、今日から期日前投票もスタートしています。


20代男子は3人に1人しか、
参加してなく、
50代はその倍も参加している。

こりゃいかん!

ってことで、投票に行きましょうね。

ちなみに、

2007年参議院選挙の年代別投票率

年齢 投票率(%)
男 女 計
20〜24歳 30.50 35.19 32.82
25〜29歳 36.53 41.43 38.93
30〜34歳 44.23 47.90 46.02
35〜39歳 51.01 53.13 52.06
40〜44歳 57.08 59.07 58.08
45〜49歳 62.32 64.26 63.28
50〜54歳 67.16 68.73 67.94
55〜59歳 70.22 70.69 70.46
60〜64歳 75.17 74.20 74.67
65〜69歳 78.83 76.73 77.72
70〜74歳 78.89 72.96 75.61
75〜79歳 76.28 67.83 71.37
80歳以上 62.83 43.61 49.88
 計   60.41 59.91 60.15
【明るい選挙推進協会データより】

こんな状況です。

で、どう選んでいいかわからない方も多いはず。

参考に、設問に答えていくと政党の政策との一致度がわかるボートマッチもおすすめです。

パソコン環境が前提のボートマッチですが、以下、まわりにも広げて投票に行くことをよびかけたいですね。

***

毎日ボートマッチ(えらぼーと) - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/seiji/eravote/

参議院選挙2010 マニフェストマッチ Yahoo!みんなの政治
http://senkyo.yahoo.co.jp/manifesto/match/

日本版ボートマッチ:YOMIURI ONLINE
http://vote.yomiuri.co.jp/

***

posted by てくてく。 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

新たな保育制度で育ちは?アニメ動画に注目を!

ども、Tamyです。
6月5日には、福岡で国の規制緩和に反対して総決起大会が開かれ、保育関係者が1000人参加したということです。

***
◇認可保育制度:「保育の質」アピール 規制緩和に反対、1000人が決起大会
(2010/6/6毎日新聞福岡都市圏版)
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20100606ddlk40100175000c.html

 国が目指す認可保育制度の規制緩和などに反対する保護者や保育士らの総決起大会(市保育協会主催)が5日、中央区であり、約1000人が参加した。「規制緩和で保育の質は後退する」などとする緊急アピールを採択した。【門田陽介】

 協会によると、現在は、国が保育士の人数や園の面積などの最低基準を設定。利用料も公的補助で保護者の負担は抑えられている。しかし、待機児童の解消などを目指す政府は昨年12月、民間事業者の参入を促し、親の勤務実態などに合わせて利用時間を決める−−などとする改革方針を閣議決定した。

 大会で市保育協会の永野繁登理事長は「新制度は福祉の産業化。弱者を排除する市場原理は福祉と相いれない」と批判。大学院に通うため生後9カ月の息子を保育園に預けていたという母親は「新制度が導入されていたら、時間が不定期な私は利用できなかった。使えない人も増えるだろう」と訴えた。終了後、参加者の一部は天神で署名活動をして制度改革阻止を訴えた。
***

また、これに関連して「新たな保育制度」に反対している九州保育三団体(九社連保育協議会、九州私立保育園連盟、日本保育協会九州地区連合会)による宣伝動画がyoutube (動画サイト)にアップされました。

ご紹介です。










《動 画》(youtube)

「ほいくせいど(自己負担編)」   
http://www.youtube.com/watch?v=KwvlAjmVQ08

「ほいくせいど(指定業者編)」
http://www.youtube.com/watch?v=NtgpYq26xlI
 
「ほいくせいど(認定されても…編)」
http://www.youtube.com/watch?v=l2d2fkGibY4


《「新たな保育制度」リーフレット》(PDFファイル)

保育制度に関するアンケート結果
http://www.hoiku.or.jp/entrance/2010_enq.pdf

「最低基準」どこまで切り下げるんですか!(マンガ版) 
http://www.hoiku.or.jp/entrance/hoikuseido3.pdf

「一般財源化」は子どもを守る責任を国から地方へ丸投げするものです!(マンガ版) 
http://www.hoiku.or.jp/entrance/hoikuseido4.pdf

「新たな保育制度」について考えましょう(マンガ版) 
http://www.hoiku.or.jp/entrance/hoikuseido2.pdf

「新たな保育制度」では子どもたちの健やかな育ちは守れません!(マンガ版)
http://www.hoiku.or.jp/entrance/hoikuseido.pdf

※紹介サイト
福岡市保育協会
九州保育三団体は「新たな保育制度」に反対します。(動画ができました)
http://www.hoiku.or.jp/general/2010/06/03/post_49.html
posted by てくてく。 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

【報告動画】まともに生活できる仕事を!人間らしく働きたい!全国青年大集会2010

どもども、Tamyです。

5月16日に東京・明治公園で5200人の参加のもと開催された「まともに生活できる仕事を!人間らしく働きたい!全国青年大集会2010」の報告動画(5分40秒)が全労連ホームページにアップされました。

ぜひご覧ください。

まともに生活できる仕事を!
人間らしく働きたい!全国青年大集会2010
(2010/5/16)報告動画
http://www.zenroren.gr.jp/jp/video/data/2010/100604.wmv
posted by てくてく。 at 10:19| Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

保育所給食の外部搬入、読売新聞が特集記事掲載

ども、Tamyです。
保育所給食の外部搬入について、何度かこのブログでもお伝えしてきましたが、興味深い報道がされましたので、お知らせします。

***
◇保育所の給食 外部搬入認める(2010/6/8読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20100608-OYT8T00199.htm

安上がり でも食育心配

 施設外で調理した給食を保育所に運んで園児に提供する「外部搬入」が今月から認められるようになった。

 認可保育所の給食は施設内で調理するというこれまでの原則を、厚生労働省が緩和したものだ。食育の推進に逆行すると懸念する声も出ている。

 千葉県勝浦市の市立中央保育所には、毎日、午前10時半を過ぎると、市の学校給食センターから3〜5歳の園児のための給食が届けられる。

 そのおかずが一人一人のお皿に盛り分けられ、園児らは自宅から持参したご飯と一緒に食事を始めた。

 同市では、学校給食センターで調理した給食を、すべての市立小中学校と幼稚園、そして七つの保育所へ毎日搬入している。「食材の一括購入ができ、人件費など給食にかかるコストが抑制できる。お陰で保育所の給食が1食平均130円で済む」と同市福祉課は説明する。

 ただ、この保育所には今も調理室があり、離乳食など0〜2歳児用の給食は園内で調理している。専任の調理師もいて、3歳以上の子が午後に食べるおやつは週数回ここで手作りする。園庭で子どもたちが育てたサツマイモをスイートポテトにすることもある。

 調理師の高梨仁美さんは「料理していると、『今日は何作ってるの?』などと園児たちが見に来る。私たちも園児の食べる様子が確認でき、『かむ力が弱いから、鍛えるためにおやつはスルメに』『あの子にはもう少し軟らかく』など、日々工夫することができる」と話す。

 同市給食センターの栄養士の礒野(いその)俊江さんも、一括調理は多様な食材を安く購入できるメリットがあるものの、課題もあると指摘する。「30〜40分かけて搬送すると、パリッとしたサラダやサクサクの揚げ物も軟らかくなり、作りたてのおいしさとは違う。調理する者に子どもの食べる様子がわからなければ、献立の改善がしにくい面もある」

 食育活動に熱心に取り組むみつわ台保育園(千葉市)では、園児らが近くの畑で芋掘りをしたり、園庭の一角にある竹林でタケノコ掘りをしたりして、給食で食べている。「自分で手伝って育てた野菜はみんなよく食べます」と園長の御園愛子さんは言う。

 5年前には調理室を改修し、透明なガラス越しに園児が調理の様子を見られるようにした。「食育は保育の一部。料理の音やにおいを感じ、おなかをすかせる感覚を養うことも大事」と考えるからだ。

 その改修中、同園は民間業者の幼児用給食を導入した。「かわいい容器や色とりどりのおかずに園児は喜んだけれど、数日もすると飽きてきた。揚げ物やウインナーが多く、きちんとだしをとったいつものみそ汁やおかずがいいと言いだした」と御園さんは話す。

 保育所や幼稚園の食育活動に詳しい東京家政大教授の大澤力さんは、「飼育や栽培を含めた食べるという作業を通して、生きる力を養うことが食育。外からポンと届いた料理を食べるだけでは、そうした力を育てることは難しい」と疑問をなげかける。(榊原智子)

朝食抜きやアレルギー
園児への個別配慮 課題

 給食の外部搬入をめぐっては、構造改革特区推進本部などの規制改革派と厚生労働省が綱引きを続けてきた。

 そもそも認可保育所は、1948年の制度発足時から調理室の設置が義務づけられ、73年からは調理員の配置も義務とされてきた。しかし、実際の運用は自治体でばらつきがあったため、厚労省は2年前、児童福祉施設最低基準に「施設内での調理」を原則とすると明記した。

 「生活の場である保育所には、家庭と同様に台所があり、手作りされた食事を食べるのがよいという考えが基本にある」と厚労省の幹部は説明する。

 しかし、愛知県や勝浦市など、給食センターで一括調理を行ってきた自治体では、保育所に簡単な配膳(はいぜん)室しかないところもあり、給食の外部搬入が認められる構造改革特区を申請して実施してきた。特区認定を受けた自治体は、今年3月で91市町村、実施する保育所は475施設。

 一方、保育所の増設や統廃合が進む中、財政難の自治体などから「特区の全国展開」の要望が強まり、「調理室・調理員なしの保育所」の可否が政府内で検討されてきた。

 今年3月には構造改革特区推進本部が「全国展開」を決定。これを受け厚労省は、「再加熱や配膳のための設備」の設置などを条件に、希望自治体や保育所は外部搬入方式を導入できるように6月から最低基準を改めた。

 ただ、同省が専門家に委託した調査では、外部搬入方式には〈1〉個別の児童への細かな配慮が難しい〈2〉調理する者と子どものかかわりが減る――などの課題があることが明らかになった。

 このため、厚労省が今回、外部搬入方式による給食の提供を認めたのは3歳児以上だけ。よりきめ細かな対応が必要な0〜2歳児については、これまで通り「施設内での調理」を原則とした。

 しかし、自治体や外食業者からは、0〜2歳児の給食についても外部搬入を認めるよう求める声が上がっている。

 日本栄養士会の政安(まさやす)静子さんは、「硬い物を食べる機会が減り、そしゃく機能が未発達の子も目立つ。細かな配慮がより重要になっている時に、外部搬入で本当に対応できるのか心配だ」と話す。

 給食に詳しい女子栄養大教授の石田裕美さんは、「給食は安くて当然と考える風潮があるが、保育所には食の専門家がいたから様々な対応ができていた面がある。朝食を作らない家庭やアレルギー児などが多いなか、給食にはむしろ細やかな対応が求められるようになっている」と指摘する。

***

posted by てくてく。 at 15:24| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

保育所給食の外部搬入解禁方針に対するパブリックコメントの結果

ども、Tamyです。
認可保育所の3歳児以上の給食外部搬入の解禁にかかわって、パブリックコメントが実施されましたが、その結果が厚生労働省から発表されましたのでお伝えします。

***
「厚生労働省関係構造改革特別区域法第二条第三項に規定する省令の特例に関する措置及びその適用を受ける特定事業を定める省令の一部を改正する省令(案)」等に関する意見募集結果について

平成22年6月1日
厚生労働省 雇用均等・児童家庭局 保育課
社会・援護局 障害保健福祉部 障害福祉課

 標記について、平成22年4月17日から5月16日までの間、御意見を募集したところ、計631件の御意見等をお寄せいただきました。
 今般、いただいた御意見等とこれらに対する当省の考え方について、下記のとおり、とりまとめましたので公表します。御意見等については、便宜上、同趣旨のものは適宜集約し、またパブリックコメントの対象となる事項についてのみ考え方を示しております。なお、意見募集の対象外の御意見につきましては、回答はいたしませんが、お寄せいただいた御意見に関しましては、今後の参考とさせていただきたいと考えております。
 今回、御意見等をお寄せいただきました方々の御協力に厚く御礼申し上げます。今後とも厚生労働行政の推進に御協力いただけますよう、よろしくお願いいたします。

      記

※御意見等の概要
*御意見に関する当省の考え方

※1 保育所における給食の外部搬入を認めないで欲しい。
*今回の改正では、保育所における食事の提供方法について、自園調理方式から外部搬入方式に転換するものではなく、満3歳以上児に対してのみ外部搬入方式を可能とするものです。また、その際にも無条件で可能とするのではなく、実施に当たっての要件を省令において設けることとしています。

※2 外部搬入方式での給食では、アレルギーなど、児童一人ひとりへの対応ができないのではないか。
*保育所において外部搬入方式での食事の提供を行う場合には、児童の年齢、発達等に応じた食事の提供やアレルギー等への配慮など、児童一人ひとりに対して適切に応じることする要件を省令において規定することとしています。

※3外部搬入方式での給食では、保育所で食育が十分に実施できないのではないか。
*保育所において外部搬入方式での食事の提供を行う場合には、食育に関する計画に基づき食事を提供するよう努めるとこととする要件を省令において規定することとしています。

※4調理室を無くすべきではない。
*児童福祉施設最低基準第32条第1項の保育所における調理室の必置規定は現行どおりですので、外部搬入方式の食事の提供を行う場合であっても、調理室は引き続き必要です。

※上記についてブログ掲載のため、記号などを編集して掲載していますが、内容は変えていません。
***
上記文書のPDFファイル
http://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000064929
posted by てくてく。 at 15:16| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

NHK 追跡!AtoZ 追跡テーマの投票の選択肢に「保育園が足りない!」 

ども、Tamyです。

転送・転載等歓迎とのことです。

NHKのドキュメンタリー番組が追跡して欲しいテーマへの投票をよびかけています。
パソコン環境のみで、選択項目が毎週やや入れ替わっていますが、
「保育園が足りない」が5月8日から引き続き、選択肢に入っています。
ぜひ、番組HPからクリック&コメントで投票を!

番組に追跡して欲しいテーマに投票してください。

投票期間:5月29日〜6月5日

・W杯サッカー ・タイ情勢
・アメリカ原油流出 ・口てい疫 続報
・ギリシャ財政危機 ・保育園が足りない
・変わる出版業界 ・その他

NHK 追跡!AtoZ - 毎週土曜 午後10時放送 [総合テレビ]
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/
***
posted by てくてく。 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

【必見動画あり】それぞれのチームでポジションでがんばろう

ども、Tamyです。

みなさん、自分のポジションでがんばってますよね。

野球野球で言えば、ピッチャー、キャッチャー・・・。
サッカーサッカーでも、フォワードやキーパーなど、
バレー雷では、アタッカーやセッター、リベロなど。
オーケストラ演劇なんて、もっといろいろあり。

仕事もそうですよね。
保育士、栄養士、調理員、看護師、介護士、事務、指導員、心理職などなど。

クラスやセクションでも、リーダーなどでがんばる青年世代も。

労働組合もそうですね。

また、チームの事情や本人の希望でポジションを変わることだってあり。同意なき配置転換はダメですけど。

あそこのチームやポジションではうまくいかなかったけれど、
新しいチームやポジションで活躍したなんて例は山のようにある話。

練習で試合で、声を出して、反省しあったり、励ましあったり。

応援席からも声援があがるのが労働組合だと思います。

ただ、チームもポジションも不安定で、バラバラにされているのが特に青年世代。

青年を卒業した私ですが、

参加した5月16日の青年大集会では、派遣工で雇用を切られた下記の鈴木さんの訴えに、
その矛盾と労働組合の力、可能性を感じましたし、なんとかしたいと思いました。

声が出ないように、出せないようにさせている「すべり台社会」を。

私のなかでは、ここ数年で一番響いた発言でした。経験の中で人は変わるということも感じました。

その鈴木さんも労働組合というチームに入って、もう1回がんばろうって、チームメイトを信頼してプレーしてます。応援もしっかり受けながら。

この発言の模様がユーチューブにアップされています。

動画見ることができる方はぜひ。ご覧あれ!TV

だまされたと思って、とにかく観てほしいです。


【動画】全国青年大集会2010報告映像(全体集会) 9分58秒
http://www.youtube.com/watch?v=sjZ156QfEiQ&feature=related
※中盤に、青年ユニオンの鈴木さんの発言があります




【動画】全国青年大集会2010報告映像(湯浅誠さん編) 6分31秒
http://www.youtube.com/watch?v=Qbj0-X-7jDc&feature=related

posted by てくてく。 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

【関東限定再放送】5月23日(日)昼11:55〜「ルビコンの決断」あなたはなぜ働くのですか? 日本一優しい会社が問い続けた50年

ども、Tamyです。

福祉保育労では、保育、高齢者福祉、障害福祉など、各種別(分野別)に分かれた全国学習交流集会を開催しています。

6月19日(土)〜20日(日)には「第16回障害福祉職場に働く職員の全国交流集会in愛知」が準備されています。

19日の午後1時半から3時15分まで、
「重度の知的障がい者に働く幸せを」と題して、
大山泰弘さん(日本理化学工業株式会社 取締役会長)に記念講演をしていただきます。

この会社の50年間の感動のドラマが2009年10月15日、テレビ東京系「ルビコンの決断」で全国放送されました。

ドラマ「ルビコンの決断」:テレビ東京
あなたはなぜ働くのですか?
〜日本一優しい会社が問い続けた50年〜
http://www.tv-tokyo.co.jp/rubicon/backnumber/091015.html

そして、テレビ東京で今度の5月23日(日)昼11時55分〜12時49分に再放送されます。

残念ながら、東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、群馬、茨城のみの再放送です。

私も昨秋の放送は見ました。今回は録画しますが。
ぜひ、ご覧あれ!

***【大山泰弘さんプロフィール】(学習交流集会資料より)
1932年東京生まれ。日本理化学工業(株)会長
日本理化学工業は、1937年に父・要蔵が設立したチョーク製造会社。中央大学法学部卒業後、病身の父の後を継ぐべく同社に入社。1974年、社長に就任。2008年から現職。1960年にはじめて知的障害者を雇用して以来、一貫して障害者雇用を推し進めてきた。1975年には、川崎市に日本初の知的障害者多数雇用モデル工業を建設。現在、74人の社員のうち53人が知的障害者(障害者雇用率70%)。製造ラインをほぼ100%知的障害者のみで稼働できるよう、工程に様々な工夫を凝らしている。こうした経営が評価され、2009年に渋沢栄一賞を受賞した。
***

名古屋に来てみゃー、みんなでもりあげよまーい
障害福祉に働く職員の全国交流集会in愛知
と き  6月19日〜20日
ところ 労働会館(名古屋市熱田区・福祉保育労東海地本)
チラシPDFファイル
http://fukuho-e.net/1218files/s20100619.pdf
posted by てくてく。 at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

保育園が足りない!番組で取り上げてー!

ども、Tamyです。

パソコン環境にある方へのよびかけです。

2年前に開催された、
公的福祉の再生と介護・福祉の人材確保をめざす
「5・18福祉関係者共同フォーラム」
http://kyoudou518.easy-magic.com/user/
で、記念講演をしていただいた、NHK解説委員の鎌田靖さん。

NHKスペシャル「ワーキングプア」シリーズでもキャスターをつとめた方です。

その鎌田さんがいまキャスターを担当しているドキュメンタリー番組「追跡!AtoZ」で、
今月8日から15日まで、番組に追跡して欲しいテーマについて、
クリックで投票をとよびかけがされています。
「保育園が足りない」が選択肢のひとつにあります。

現場主義を掲げる番組です。
パソコン環境のみの対応のようですが、
番組ホームページから、コメントをつけて選択・クリックができます。
投票、ぜひぜひ!

・W杯サッカー ・高速道路
・普天間基地問題 ・保育園が足りない
・北朝鮮問題 ・JAL再建
・その他

NHK 追跡!AtoZ - 毎週土曜 午後10時放送
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/
posted by てくてく。 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

番組2つご紹介

ども、Tamyです。
番組2つ紹介で。

TVタックルは、局の区分でも、
「報道」や「ドキュメンタリー」ではなく、
「バラエティー」ですからね。

番組表からの情報しかわかりませんので。
その点踏まえてくださいませ。

NHK教育の方は、「学童」の子どもに焦点をあてた制作のようで。

***
テレビ朝日系列
5月10日(月)21:00-21:54
ビートたけしのTVタックル
http://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/

子育て亡国ニッポン!!保活ママの叫びを聞け!! 6月支給開始!?子ども手当は少子化問題解消つながるのか!?働くには少なすぎる保育所!?4万人待機児童解消はどうする!?

出演
レギュラー出演者:ビートたけし、阿川佐和子、大竹まこと
ゲスト出演者:三宅久之、木村盛世、田嶋陽子、円より子 ナビゲーター:江口ともみ
***

***
NHK教育
カラフル!〜世界の子どもたち〜「やっぱり“学童”が好き!」
5月13日(木)19:35〜19:50
http://www.nhk.or.jp/colorful/

今回の主人公は学童保育所(学童)に通う翔くん。4年生になって下級生の世話をすることになったが、一人っ子の翔くんは幼い子たちにどう接したらいいのか分からない…。
子ども自身が語るドキュメンタリー「カラフル!」。今回の主人公は、東京都八王子市の学童保育所(学童)に通う翔くん。4年生になって下級生の世話をすることになったが、ひとりっ子の翔くんは幼い子たちにどう接したらいいのかわからない…番組では、“お兄ちゃん”として奮闘を始める翔くんの姿を追いかける。
***

posted by てくてく。 at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

宣伝ビラ「給食の外部搬入で、子どもたちの安全は守れるの?」

ども、Tamyです。

政府は、認可保育所の3歳児以上の給食について、給食室で調理せずに外部から搬入してもかまわないとする方針をかためました。

正式に決定されれば、全国展開が可能になるというものです。

6月1日実施にむけて、この件にかかわる5月16日までのパブリックコメント(意見募集手続き リンクはこちら)が発表され、意見が募集されています。

福祉保育労として、関連の宣伝ビラを作成しました。

PDFファイルですが、ご活用ください。
そして、おいしい給食を守ろうと、意見を送りましょう。

「おいしい給食は、やっぱり給食室から」
20100430kyuusyoku1.pdf

「給食の外部搬入で、子どもたちの安全は守れるの?」
20100430kyuusyoku2.pdf
※上記2つは両面でご活用を


「パブリックコメント意見提出用紙」
public-coment.pdf

posted by てくてく。 at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最低賃金下回る正社員求人1.74%

ども、つづけてTamyです。

5月16日に開かれる青年大集会については前記事でお知らせしましたが、関連の調査結果が発表され、毎日新聞でも報じられました。

お読みくださいね。

***
◇ファイル:数字・言葉・経済 最低賃金下回る正社員求人1.74%
(毎日新聞 2010年4月28日 東京朝刊)
http://mainichi.jp/life/job/news/20100428ddm008020037000c.html

 全国青年大集会実行委員会は27日、ハローワークがインターネットで公開している正社員求人の賃金調査結果を公表した。最低賃金を基に計算した月収を下回る賃金の仕事が1.74%あった。若年者3人に1人が非正規雇用労働者となっているが、正社員でも最低賃金レベルという雇用実態があることが浮かんだ。調査は全労連青年部などが、ネット公開された求人について「資格を持たず、正社員を希望する22歳、男性」の条件で検索し調査した。全国で20万2305件の求人があり、3516件が平均最低月給(12万3919円)を下回った。就業日が週4日など労働時間が短いなどで最賃以下となるケースがあるとみられる。
***


以下も、ごらん、あれ!

【関連サイト】
最低賃金制度サイト(PC)
http://pc.saiteichingin.info/
最低賃金制度サイト(ケイタイ)
http://saiteichingin.info/
posted by てくてく。 at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

5月16日、全国青年大集会が東京・明治公園で

ども、Tamyです。

5月16日(日)、2008年に4600人が集まった青年雇用集会につづく、全国青年大集会が東京・明治公園にて開かれます。

「なかまを誘って貸切バスで行きます」「今年のTシャツ着て参加します」などの声も早速寄せられています。

全国各地から集まり、メイン集会などでは地域ごとにおそらく分かれる形ですので、福祉保育労として会場内のここに集合というよびかけはできませんが、
午前の保育の分科会では、福祉保育労の保育士が発言を予定していますし、保育関係のみなさんには保育分科会に参加してもらいたいと思っています。

お誘い、あれ!

☆***以下、転送・転載・参加大歓迎です***☆

〔まともに生活できる仕事を!人間らしく働きたい!〕
 ☆☆☆☆☆《全国青年大集会2010》☆☆☆☆☆

○2010年5月16日(日) 
 11:00〜分科会
 医療、保育、福祉など職種別の交流会、「最低賃金制度」「失業中の生活支援」などを学べる企画やホッと一息できるカフェもある。学生、高校生の企画では、高学費や就職・進路について考えるよ。

 13:00〜メイン集会
 若者のたたかい、かえたい思い、全国のとりくみをリレートーク。反貧困ネットワークや労働組合、政党からの連帯あいさつも。

 14:30〜アピールウォーク(17:00解散予定)
 集会後は、繁華街を歩き、音楽にあわせて多彩なグッズで楽しくアピール。

○東京・明治公園
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access086.html
 JR「千駄ヶ谷駅」徒歩5分
 東京メトロ大江戸線「国立競技場駅」徒歩2分
 東京メトロ銀座線「外苑前」駅徒歩15分

○主催 同集会実行委員会

○集会チラシ(PDFファイル)
http://www.seinen-u.org/5.16%20seinen_koyou_syukai.pdf

○集会ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/seinen_koyou_syukai

posted by てくてく。 at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

5月6日、午後7時半からNHK「日本の、これから」で特集「若者とニッポン」

ども。Tamyです。
子どもの日の翌日、
5月6日、若者とニッポンをテーマにNHKの特集番組が放送されます。

意見募集されています。
出演者の募集も(思い切っての応募なんてどうでしょうか)。

ごらん、あれ!

以下、番組ホームページから

***
NHK「日本の、これから」
ダイジョーブだよね?若者とニッポン
http://www.nhk.or.jp/korekara/
※ご意見・出演者募集中

〔放送〕5月 6日(木)よる7時30分〜8時43分
〔収録〕4月27日(火)収録予定

経済の回復がはかばかしくない日本。中国やインド、アフリカなど今後の市場拡大が見込める国にどんどん売り込んでいきたいところ。少子化もますます進み、若者への期待も高まっていますが...。近頃は、海外への留学生の数や、若者の海外旅行者数がピーク時(90年代後半)からともに3割以上減少、商社などでも海外勤務を嫌う人が増え、ある就職情報誌の調査では、53.6%の学生が地元での就職を志向するなど、若者の「内向き化」が進んでいると言われています。

さらに、アメリカ・中国・韓国の若者と比較した調査では、「学力や成績」に対する意欲だけでなく、「趣味や特技」に打ち込む意欲も低いことがわかりました。若者がお金を使わない「嫌消費」も、企業の間では問題になっています。

こうした中、ある企業では、日本の若者に「生きのいい」人材がいないと、優秀で積極的な外国人留学生の採用を優先するなど、日本の若者に見切りをつけるところも現れています。一方、故郷や地元に愛着や誇りを感じ、昔からの友達と仲良くつきあい続けること自体、悪いことではないのではという意見もあります。

はたして、今の若者のこうした変化は、日本にとって、どんな未来をもたらすのか。そもそもこの「変化」の背景には何があるのか。「若者」と「大人」にわかれ、本音で語り合います。
posted by てくてく。 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

2月27日(土)午後8時からNHK教育「子どもサポートネット「“子育ち”を考える!」

ども、Tamyです。
明日2月27日(土)午後8時からNHK教育テレビが2時間生放送で子育ちにかかわる番組を放送します。

番組ホームページでは提言も募集されています。
保育園の現場の方も、スタジオ出演してトークに参加するとのことです。
お時間ある方、ぜひ視聴・録画を!
ごらん、あれ!

***番組ホームページから***
NHK教育テレビ 子どもサポートネット
「“子育ち”を考える!」
2月27日(土)午後8:00〜9:59 生放送
http://www.nhk.or.jp/heart-net/kodomo/

子どもサポートネットが始まって1年。この間、政権交代があり、「こども手当」「高校授業料の実質無償化」などの政策が打ち出されました。先月には保育サービスの数値目標などを定めた「子ども・子育てビジョン」も閣議決定され、子どもをめぐる政策は大きく変わりつつあります。

子育てで孤立する親の不安。貧困の中で学ぶ機会を失う子ども達。働きたくても働けない若者・・・。子どもの「育ち」を脅かす課題は山積しています。今打ち出されている施策で、こうした課題がどこまで改善するのか。もっと違った施策が必要なのか。スタジオで親や子、支援者、専門家、そして政権に携わる政治家もまじえて、生放送で議論していきます。

みなさんからの「提言」も、番組の中で随時ご紹介します。ぜひ書き込みをお寄せ下さい。
***ここまで***
posted by てくてく。 at 10:13| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

毎日新聞「保育はいま」2月1・2・3日

ども、Tamyです。
毎日新聞「保育はいま」、3日連続の連載が今日で終わりました。
昨日は朝日新聞にも私たちの組合役員のコメントの入った記事も載りましたね。
ご紹介です。

◇保育はいま:/下 進む職員の非正規化 先生、1日3回入れ替わり
(2010/2/3毎日新聞朝刊)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20100203ddm013100185000c.html

 ◇役割、増える一方/自治体任せで予算減
 「もうすぐお迎えが来るからね」。群馬県高崎市の認可施設、私立おひさま飯塚保育園。ベテラン保育士の佐藤八重子さん(55)は、おやつをほおばる子どもに目配りをしながら、急な発熱で横になっている子を気遣った。

 「小さな子どもがいる家庭でも、働き方がとても過酷になった」と佐藤さんは胸を痛める。パート勤めの母親は解雇などで仕事が頻繁に変わる。正社員の父母は長時間労働が増え、過労でどちらかが体調を崩す家庭も珍しくない。「子どもには早寝早起きをさせてくださいね」。そんな一言でさえ、帰宅が遅くなりがちな親を追い詰めないようにと言葉遣いやタイミングに細心の注意を払う。

 雇用劣化のしわ寄せは幼子を育てる家庭に向かい、保護者を支える保育士の役割は重要性を増した。

 保護者対応の難しさは多くの保育園に共通する悩みだ。少し対応を誤れば役所に苦情が行く。経験とスキルがよりいっそう問われるようになっている。
     *
 公立保育園の保育所運営費補助は、04年に従来の国庫補助から一般財源化され、地方自治体にその配分が任された。財政難の自治体は保育分野に十分な予算を回せなくなり、保育士の非正規化が進んだとされる。

 子育て支援の充実で知られる石川県。ある公立園(定員120人)は職員28人のうち、市の正規職員は園長を含め7人。園長、主任保育士の3人を除くと、クラス担任ができる正規の保育士は4人だけ。2〜5歳のクラスに1人ずつ付けると、0、1歳児の担当は非正規保育士を充てるしかない。

 園内で10〜11時間過ごす子どもも多いが、保育士側は4時間などの短時間労働で朝、昼、夕と入れ替わる「つぎはぎ」状態だ。園長(59)は「時間決めなので、行事の途中でも『お先に』と言って家に帰ってしまう。これでは責任ある対応がとれない」と嘆く。

 数少ない正規職員は長時間労働で負担が増えた。3歳児クラスは27人。家庭の養育力の低下で、おむつが取れず、スプーンもうまく使えないなど、手のかかる子どもが増えているが、担任1人に非常勤1人を付けて、ようやく国の基準を満たしている。「被虐待児のケアなど保育時間外の支援も必要になり、保育園に求められる役割が大きくなったのに、最低限の人の確保さえ難しい」と窮状を訴える。

 汐見稔幸・白梅大学学長は「いま大事なのは子どもの育成と、支援が必要な保護者の増加に対応するための政策だ」と指摘する。厚生労働省は、専門性を高めようと保育士資格などの見直しを検討しているが、現場の実態はこれとは程遠い。

 日本保育協会が全国807市区で行った調査によると、一般財源化前の03年と比べ、07年の保育所運営費を削減したと答えた市は6割を超えた。減らした経費でもっとも多いのは人件費で59・4%を占めた。全国保育協議会の08年の調査では、公立園で非正規保育士の割合が7割以上との回答が6・3%もあった。

 駒村康平・慶応大教授は「保育の基準や財源を自治体任せにすればお金のない所は安く済ませようとする。地方に任せようとの動きもあるが、国が責任を持つべきだ」と話す。

**
◇保育はいま:/上 待機児童が減らない
「預け先あれば働きたい」潜む需要(2010/2/1毎日新聞朝刊)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20100201ddm013100038000c.html

◇保育はいま:/中 育ちの場、環境置き去り
サービス拡大に自治体が独自基準(2010/2/2毎日新聞朝刊)
http://mainichi.jp/life/edu/news/20100202ddm013100151000c.html
posted by てくてく。 at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

1月23日(土)午前10時5分から子どもの食に関するNHK特集が再放送

ども、Tamyです。
子どもの食を取り上げた1982年の特集と、その17年後を追った特集が、NHKアーカイブスとして、1月23日(土)の午前10時5分から放送されます。

福祉保育関係者に密接なテーマですよね。
そして、福祉関係者に限らず、20代・30代のみなさんにとっては自身のことでもあり。

1982年のはNHKがNHK特集100選のひとつとしてVHSビデオで販売し、8000円以上もしますよ。また1999年の放送のものは、書籍にもなったとのこと。必見ですね。


NHK総合テレビ 放送: 1月23日(土)午前10時05分〜11時25分(80分)
NHKアーカイブスより
http://www.nhk.or.jp/archives/nhk-archives/next/index.html

あなたは毎日、どんな食事を誰ととっていますか?
ライフスタイルの変化によって、伝統的な食卓風景が無くなったと言われて久しいが、
日本人の食生活は「孤食」「偏食」へ向かう一方である。
とりわけ深刻なのは子どもたち。共働き家庭の増加や夜遅くまでの塾通いに加え、好きなものを、いつでも、どこでも、手軽に食べることのできる生活環境・・・
子どもたちの食事は自ずと偏りがちで、心や体の健全な成長が懸念されているのである。
食生活の変化が問題視されるようになった1980年代からの番組と、いま盛んに行われている「食育」の取り組みを通して、子どもたちに必要な食事とはどんなものなのかを考える。

ゲスト:足立己幸さん(女子栄養大学名誉教授)/キャスター:桜井洋子アナウンサー&林家三平

■NHK特集「こどもたちの食卓 〜なぜひとりで食べるの〜」1982年12月6日放送
http://www.nhk-ep.com/shop/commodity_param/ctc/+/shc/0/cmc/00903VA
NHKは、女子栄養大学の足立己幸教授と協力し、2000人の子どもに「食卓の絵」を描いてもらう調査を行った。その結果、子どもだけで朝食をとっている家庭が39%、朝夕とも子どもだけというケースも10%に上ることが明らかになった。子どもだけで食事をとっている家庭の取材や、アメリカ、韓国との比較を通して、日本の食卓にどんな異変が起こっているのかを探る。

■NHKスペシャル「知っていますか 子どもたちの食卓」1999年7月2日放送

17年後、ふたたび「食卓の絵」を描いてもらう調査を行ったところ、1人で食事をとる「孤食」の傾向は加速していた。さらに「食事を誰と一緒に食べたいですか」という質問には、朝食で16%、夕食で8%が、「1人で食べたい」と回答。大きく様変わりする食卓への意識が、子どもたちの成長にどんな影響を与えているのかを見つめる。
posted by てくてく。 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

新保育制度紙芝居

どもtamyです。
保育制度をめぐって、署名などにとりくまれている青年組合員も多いですよね。

公立保育園の職員など自治体職員の労働組合・日本自治労連が作成した紙芝居、ご存知ですか。

6月にホームページに掲載(PDFファイル・カラー)され、私のまわりの職場でも拡大コピーして、保護者向け学習会や子育て関連イベントに活用するところも増えています。

保育制度紙芝居
「私が保育難民に!?…ちょっと未来の日本の保育事業」

昨日、若い組合員から「ちょっと長くて保護者の多くに紙芝居を実演する時間がないので、自治労連に許可とってユーチューブにアップしました」と聞きました。

以下がその動画です。







以下がURL表記です。

保育制度  紙芝居その1  新たな仕組み
http://www.youtube.com/watch?v=15Bzip9bCHU&feature=related
保育制度  紙芝居その2  新たな仕組み
http://www.youtube.com/watch?v=2NDPofyA__g&feature=related
保育制度  紙芝居その3  新たな仕組み
http://www.youtube.com/watch?v=LU1v3Ord6xA&feature=related

日本自治労連
http://www.jichiroren.jp/
※「ダウンロード」から紙芝居をPDFファイルにアクセスできます。

posted by てくてく。 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

中央本部の定期大会で

さてさて。
もう9月も終わりですよ…はやいっあせあせ(飛び散る汗)

えー、課題に追われ焦りぎみの管理人ですダッシュ(走り出すさま)

▼ 昨日、一昨日と福祉保育労中央本部の定期大会がおこなわれました。
青年の発言がたくさんあり、元気いっぱいの大会でしたかわいい

◆ 「なつわか。」現地の東海でがんばってくれたF.Oさんから、「なつわか。」のとりくみ報告の発言がありました。
「青年部ががんばってるんやから、協力するよー」と分会のみなさんが夜店屋台の協力をしてくれた、というエピソードも紹介してくださり、「青年らしい元気なとりくみをしていきたい」と締めくくってくれました。発言、ほんとに良かったですよ右斜め上

▼ その他にも、寺田ぶちょーの青年部の決意や、「なつわか。」のつながりから青年部結成をめざす動き、青年が中心になって各地のとりくみを成功させていること、最低賃金引き上げのとりくみでの活躍など、折にふれて「青年がすごいがんばってるなー」との中央本部役員のみなさんの発言が、多々あったことをご紹介しておきます。
参加されたみなさん、本当にお疲れさまでしたいい気分(温泉)

▼ そして、事務局メンバーが集まったので、少しの時間を割いて第1回事務局会議をしました。

Image529.jpg

どーん

えー、部長、少しは落ち着いてくださいたらーっ(汗) 画像、ブレてますから遊園地
それはどうでもいいとして…
お知らせが一つ。

▼ 11月21日(土)11:00より、東京にて全国青年部代表者会議をおこないます。
議題は…@自己紹介・各地の活動報告、A「なつわか。」「第3回大会」の総括、BTシャツデザイン、C学習コーナー、が主な内容です。
駅弁交換会もしますので、お忘れなくお持ちくださいね新幹線

またご案内は各地へお送りさせていただきます。
しばらくお待ちくださいませ。

おわりend
posted by てくてく。 at 16:42| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月4日、午後9時からNHKスペシャルを!

ども、tamyです。

NHKスペシャル「セーフティーネット・クライシス」の第3弾、社会保障は子どもを救えるか(仮)の放送予告が番組ホームページに掲載されましたのでお知らせします。

以下、転送・転載、コピー&貼り付け紹介など、どしどし。

***
NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス
vol.3 社会保障は子どもを救えるか(仮)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/091004.html

2009年10月4日(日) 午後9時00分〜10時28分
NHK総合テレビ

*再放送 10月7日(水) 午前0時45分〜2時13分 (6日深夜) 総合

経済危機が深刻化する中、大量解雇の波は、非正規労働者ばかりか正社員にまで及んでいる。世帯主の失職の影響から、いま「子どもたちのセーフティーネット」が危機に瀕している。

OECDは、日本の「子どもの貧困」が際立って加速していると警告した。厚生労働省の調査でも、医療保険を持たない、いわゆる「無保険」の子どもは全国で3万人以上。さらに給食費や教材費が払えず小中学校への通学も難しくなったり、貧困から高校を中退せざるを得ない子どもが急増している。背景には、日本の社会保障制度が「正社員」を前提に設計されたまま、抜本的な見直しが行われていない点がある。子育て世代に当たる20代〜40代の、4割近くが低所得の非正規労働者であるにもかかわらず、子供の医療費、教育費、住宅費、食費等の負担は、正社員家庭と同じく一律に求められ、貧困に拍車をかけているのだ。

子どもたちの「健全な育ち」を保証する「人生前半の社会保障」を築くには、どのようにセーフティーネットを張り替えていけば良いのか。番組では、日本の子供たちの現状を検証し、さらにフィンランドなどの先進的な取り組みも紹介しながら、子どもたちのための社会保障・セーフティーネットのあり方について考えていく。

〔これまでのNHKスペシャル セーフティーネット・クライシス〕

NHKスペシャル セーフティーネット・クライシスII
非正規労働者を守れるか
2008年12月15日放送
http://www.nhk.or.jp/special/onair/081215.html

NHKスペシャル セーフティーネット・クライシス
〜日本の社会保障が危ない〜
2008年5月11日放送
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080511.html


posted by てくてく。 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

いらいらしてませんか

ども、tamyです。話題提供です。

最近いらいらしてませんか。

文部科学省所管の統計数理研究所の調査(7月16日発表)によれば、将来の生活について「貧しくなる」が57%(1978年・25%、1998年・50%)と過去最高となり、「豊かになる」は11%にまで低下しています。一方で、「この一ヶ月間にいらいらしたことがある」は48%(1993年・38%)となり過去最高で、特に若い世代で増えています。20代で63%(1993年・47%)、30代で62%(1993年・45%)となっています。

下記ページにさまざまな項目と結果が出ています。興味深いと思いますのでぜひ。

統計数理研究所 日本人の国民性の研究 集計結果
http://www.ism.ac.jp/kokuminsei/table/index.htm
※パソコンからのアクセスでないと厳しいですが、男女、年代、地域別などにしぼってみることもできます。
posted by てくてく。 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

今夜8時からNHK教育「福祉ネットワーク」で保育所不足の「子どもの貧困」が

ども、tamy@卒業生です。

今夜午後8時からNHK教育テレビ「福祉ネットワーク」で、保育所待機児問題等にみられる「子どもの貧困」という現実が取り上げられるようです。
ほうんネットの浅井春夫先生が出演されます。

21日に再放送もあるようですので、録画されてご活用を。


2009/09/14 20:00〜20:30
NHK教育 福祉ネットワーク
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/
 子どもサポートネット「人生最初の社会保障(1)」

保育所不足によって追いつめられる親と子の姿を通して“子どもの貧困大国”日本の厳しい現実を見据える。
2008年、保育所に入所できずに待機している子どもの数が増加に転じ、2007年よりおよそ10%も増加となった。一方で既存の保育施設は詰め込みにより過密化し、幼い子どもたちの生育環境が悪化している。保育所不足によって追いつめられる親と子の姿を通して、“子どもの貧困大国”日本の厳しい現実を見据える。
出演
【ゲスト】作家…落合恵子,立教大学教授…浅井春夫,【キャスター】町永俊雄,【
語り】上田純子


(再放送)
2009/09/21 13:20〜13:50
NHK教育 福祉ネットワーク
 子どもサポートネット「人生最初の社会保障(1)」

posted by てくてく。 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月12日

政党との一致度がわかる毎日ボートマッチ

ども、tamyです。

夏の甲子園も始まり、冷夏とはいえ暑い日がつづいていきます。
そんなときは、福祉保育労「選挙に行こう」ミニタオルで汗をふきましょうね。

さて、8月30日投票の衆議院議員選挙が近づいています。19日からは期日前投票も始まります。

各政党と自分の考えとの一致度がどうなのか、20の設問に答えるとズバリわかる、毎日ボートマッチ(えらぼーと)が今日スタートしました。

私も早速やってみました。

毎日ボートマッチ(えらぼーと) - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/seiji/eravote/

参考に、ぜひ。
posted by てくてく。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

候補者動画やボートマッチを参考に投票へ

ども、tamyです。
8月30日投票の衆議院の総選挙が近づいてきましたね。

報道は加熱してきていますが、候補者が直接語りかける声にふれられていない人も多いのではないでしょうか。

下記サイトでは、各選挙区の候補者の動画の訴えをみることができます。

次期総選挙(第45回衆院選)e国政 -ザ・選挙-
http://www.senkyo.janjan.jp/special/2009sousenkyo/ekokusei/index.html

また、下記サイトでは、質問に答えていくと、自身の考えと各政党との距離がわかるようになっています。

日本版ボートマッチ : 総選挙2009 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://vote.yomiuri.co.jp/

政策見極めて、選挙に行こう!
posted by てくてく。 at 16:45| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

保育制度「改革」でどうなる?「オールアバウト」へアクセスを

ども、tamyです。
6月27日に群馬で開催された福祉保育労全国保育部会第18回学習交流集会での記念講演『保育制度「改革」で、保育園はどうなるの?」。保育問題を鋭く取材・執筆されているフリージャーナリストの猪熊弘子さんのお話は圧巻でした。

そのなかでもお知らせされていた、猪熊さんがガイドをつとめている、オールアバウトのサイトの紹介です。

ぜひまわりの方にもお知らせを。

幼稚園・保育園 記事一覧 - [幼稚園・保育園]All About
http://allabout.co.jp/children/kindergarten/

どーなってんの? 保育園待機児問題!(2009/6/30)
http://allabout.co.jp/children/kindergarten/closeup/CU20090630A/

保護者も子どもも無視!保育制度改革とは(2009/2/27)
http://allabout.co.jp/children/kindergarten/closeup/CU20090227A/

困るのは親!「保育制度改革」って何?(2009/2/20)
http://allabout.co.jp/children/kindergarten/closeup/CU20090220A/
posted by てくてく。 at 10:15| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

クイズで学べるチャレンジ!労働法

ども、tamyです。
京都地本青年部の学習会で出されたクイズ、石川支部から「ほしい!」と連絡があり、送りました。

そんななか、東京都労働相談情報センターが「労働法の基礎をクイズ形式で楽しく学べるコンテンツ」をはじめたことを知りました。

チャレンジ!労働法〜ミー猫とつばさのまなびネット
http://roudouho.metro.tokyo.jp/

チャレンジしてみてはどうでしょう。
posted by てくてく。 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

全国保育部会 第18回学習交流集会 IN 群馬

6/27(土)〜28(日)に全国保育部会 第18回学習交流集会IN群馬(上越or長野新幹線で高崎駅下車すぐ)が開かれます

記念講演は、いまの子育て事情や保育制度に関して講演活動を行っているフリージャーナリストの猪熊 弘子さんを講師に迎え、学びたいと思います


また翌日は、基礎講座と5つの分科会(詳しくは、各地で配られている緑色のチラシをごらんくださいュ)があります


1日目の夜、夕食交流会では、青年部準備会も担当し、がんばっていますよ(現地実行委員も青年がほとんどなんです丸秘)
そして、その交流会ご後も全国の青年たちで交流できたらと考えています

そして…

今年も全国青年部オリジナルTシャツ限定色販売しますo
申し込みは、すでに始まっているのですが…まだまだ…
忙しいとは思いますが…ぜひぜひお越しください
首を長〜くして待っています。

現地実行委員の群馬のあややでしたュ
posted by てくてく。 at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

1月26日、NHKスペシャル「密着 日雇い派遣」

ども、tamyです。

雇用不安が広がりつづける2009年。
1月26日、NHKスペシャルが「日雇い派遣」について取り上げるとのこと。NHKスペシャルがきっかけとなってワーキングプアが大きく社会に問われたように、期待して観るつもりです。再放送も予定されています。

2009年1月26日(月) 午後10時00分〜10時49分
NHK総合テレビ

NHKスペシャル 密着 日雇い派遣(仮)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090126.html

今、人材派遣会社に日雇い派遣の仕事を求める声が殺到している。景気悪化により、「派遣切り」された非正規社員の若者たちに加え、解雇された正社員の中高年からも電話がかかってくる。グッドウィルやフルキャストが違法な派遣を繰り返したため、原則禁止が打ち出された日雇い派遣。皮肉にも、未曾有の不況の中で最後のセーフティーネットとして機能している。 
規制緩和で誕生した日雇い派遣。当初は、学生や主婦などの副業として考えられていた。しかし、フタを開けてみれば就職氷河期の若者たちに加えて、リストラされた中高年も流れ込み、ワーキングプアの受け皿になってきた。多くの企業が日雇い派遣による調整を前提としたビジネスを展開してきた中で、日雇い派遣の禁止は大きな痛手となるはずだが「日雇い派遣が禁止されても実態は変わらない」という声も上がっている。
師走の人材派遣業界に密着し、過酷な現場の実態に迫る。

【再放送予定】2009年1月29日(木) 午前0時45分〜1時34分 (28日深夜) NHK総合
posted by てくてく。 at 08:46| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。